二重整形の種類について記事一覧

埋没法(プチ整形)は、メスを使わずに出来る施術方法の事で、医療用の糸をまぶたに埋め込んで二重にしていきます。顔にメスを入れる事なく出来るリスクの低さから、初めて整形をする多くの方が、この埋没法を行っていると言っても過言ではないでしょう。どうやって糸を入れるの?メスを入れない代わりに皮膚に1mmほどの穴を開け、そこから糸を中に埋め込んでいきます。手術にかかる時間は10分〜20分程度なので、体にかかる...

切開法の内、比較的傷口の痕や腫れ・内出血などの症状が少なくすみ、長期に渡り二重を持続していきたいという方におすすめの施術方法です。どんな二重になるの?比較的ナチュラルで、生まれつきのような自然な二重になります。ただし、求める二重の形によっては部分切開法だと逆に不自然になる可能性があります。医師としっかり相談して決断しましょう。施術後〜回復までの期間メスを入れているのでもちろん埋没法よりは、回復まで...

目頭切開法とは、目の内側端にある蒙古襞(もうこひだ)という東洋人特有の部分を切り取り除く事で、目を大きくしてみせる施術法の事を言います。西洋人の目鼻立ちが良いのは、生まれつきこの蒙古襞がないから、という点がひとつ挙げられるでしょう。どれくらい目が大きくなるの?人間の目の大きさは生まれつき決まっており、その一部分を蒙古襞が張ることによって小さく見えてしまっています。つまり切開する部分にも限界があり、...

全切開法とは、その名の通り皮膚にメスを入れ切開する事でしっかりとした二重を作り上げる施術の事を言います。埋没法などのように比較的二重のラインが取れる不安もなく、確実な二重を手に入れる事ができます。メスを入れる範囲同じ切開法でも部分的なものがありますが、部分切開法が1cmとすると全切開法では約3cmほどメスを入れる事になります。部分切開法についてはこちらのページへどうぞ→部分切開法の特徴や回復期間に...

「眠そうだね」とよく言われたり、しっかり起きているのに瞼が重かったりするこの症状こそが眼瞼下垂と言います。瞼が覆いかぶさるように垂れてきているので全体的に目が小さく、少し怖い印象を与えてしまう事もあります。どんな手術をすると改善されるの?まず瞼が垂れてくる原因のひとつが筋肉の緩みにあります。この筋肉を縮めて縫い合わせる事で、目を開きやすくします。眼瞼下垂手術の中でもこの方法は腱膜性眼瞼下垂と呼ばれ...